先日25日、東広島で利き酒をしておりました

というのは、「全国新酒鑑評会 製造技術研究会」という名の

「全国新酒鑑評会」で出品した全国のお酒を利き酒できる会に参加してきました

 

 



利き酒のやり方としては、まず色を見て、香りを嗅ぎ、口に含み、飲むのではなく、吸いこみながら、

その時の香りを嗅いで、吐き出すというもの (かなりアバウト

広報部の私は、まだ新米のペーペーなので、皆さまが「ズーズー」鼻水を吸っている音に聞こえてなりませんが、

とりあえずマネごとをしながら、利き酒をしてみました

全国から多くの方が来られて、会場は人でいっぱい。

並んで、各県ごとお酒を利き酒していくのですが、美味しいお酒ばかりで、

それも県民性というか各県で個性がこんなにも出るもんなんだなぁ~と感動しました(本当素人ですみません)

個人の意見なのですが、岡山・広島はどちらかというと「甘口」で濃厚な感じで、

東北や寒い地域は「辛口」でスッキリな感じでした

ただいま「利き酒師」への夢に向かって猛進中

たくさんのお酒をズーズー利いていきたいです

金賞で気分よくなった社長は、夜な夜なギターを片手にコードを間違いながら、夜が明けたのでした


あなたのお心優しい「ぽちっ」とお願いいたしまーす↓↓